3D テキスタイル

Posted: 2011/09/25 | Category: 気になったモノ | No Comments »

3Dテキスタイル

GOOOOOD!!

彼女のデザインがすばらしい

albaprat http://albaprat.com/





リネンの話

Posted: 2011/09/19 | Category: HALLELUJAH, 素材のお話 | No Comments »

ヨーロッパのリネンが
長年使われてきた理由がこんなところに

リネンの性質

- リネン糸はコットンの2倍、ウールの3倍もの強さがある。

- 疲労を和らげ、気分を落ち着かせるリラックス効果がある。(下着やベッドリネンなどに良い)

- ペクチンという物質が繊維に含まれる為、汚れ(塵やほこり)を防ぐ。

- 細菌やバクテリアの繁殖を抑え、アレルギーや病気から守る。

- 静電気を防止する。

- フラックス(リネン)の細胞は人の細胞と相性がよい。外科手術の内部縫合用にも
フラックス(リネン)の繊維は使われます。

- 熱を伝えやすいので通気性が良い。リネンの熱伝導率はウールの5倍、シルクの19倍と言われています。
(夏にリネンの服を着用すると、シルクやコットンの服より3℃~4℃も服の表面温度が下がるそうです。
リネン素材の服より綿の服を着用する方が 1.5倍、レーヨンの服はその2倍の汗をかくことが分かっています)

- 冬のリネンは理想的な暖かさを保ってくれます。
(シーツ等でリネンのシーツを試してみて下さい。初めはひんやりしますが、一度温まるとずっとぽかぽか。
繊維の中に入った空気がサーモスタットの役割をします)

いろいろ御託を並べましたが、何と言っても ”リネンの本当の良さ” は

「お洗濯を重ねることによってより柔らかくなめらかになっていくという性質」

「何年も大切に使い続けるうちに歴史が刻み込まれたかの様にリネンに付いていく自然なしわ」

ですね。


リネン=ランジェリー!?

Posted: 2011/09/17 | Category: BLOG | No Comments »

リネン=ランジェリー(Lingerie)!?

リネンという素材

日本で「麻」という表示をしてよいのは「リネン」と「ラミー」の2種類あります。

「リネン」はフラックス(和名:亜麻)という植物のとても細い茎から作られます。

「ラミー」は芋麻という植物で、フラックス(和名:亜麻)よりやや太い繊維も混ざります。

日本では、このラミーが「麻はちくちくする」というイメージにつながりました。

(もちろん良質なラミーはチクチクしませんが)

しかしヨーロッパのリネン(フラックス:亜麻)は、下着にも使われる良質な素材であり

仏語のリンネル=麻布を意味するランジュ(linge)から ”ランジェリー” いう言葉が生まれたくらいです。

(ランジェリー(英語:Lingerie、仏語:Lingerie)は、元来は子供や婦人の下着、薄手の部屋着を意味)



ベルギーリネン

Posted: 2011/09/15 | Category: HALLELUJAH, 素材のお話 | No Comments »

来年の春夏の展示会の為に、現在「HALLELUJAH」では1858年から続くリネン工場の
“マスター オブ リネン”の称号を持つ「LIBECO-LAGAE社」に
生地をお願いしてベルギー産
リネンでサンプルを製作しています。

表面にリネン特有のしぼが美しい独特な存在感、手からトロンと滑り落ちるようなドレープ感、
サラリとした
心地の良い肌に吸い付くような肌触り。

約150年前のアンティークリネンの質感…
最高のリネンが見つかりました。

ヨーロッパのリネンの歴史と何百年も続く栽培方法で育てたリネン(亜麻)を
リネンを知り尽くした職人たちが織る。
だからこのリネンが生まれるのでしょう。


本当にシンプルなリネンだからこそ違いがはっきりと分かります。


産地工場に分けて頂き今年中には商品化が出来ると思います。
お楽しみに。


Danse Butô

Posted: 2011/09/14 | Category: performance | No Comments »

une “Fleur dans le Chaos”,

Liam morissey Viloncelle
Romain Renard Violon
Fred Marty Contrebasse
Yuko hirota Koto
Alexandre Bellenger Synthétiseur Analogique
Maki Watanabe Danse Butô

le 11 à 18h00, au 59 rue de Rivoli , Châtelet
Avec Maki Watanabe et Satryo Aryobimo Yudomartono (Alto)



echical fashion show

Posted: 2011/09/13 | Category: Exhibition, Fashion Week | No Comments »

echical fashion show

http://www.ethicalfashionshow.com/efs1/

先日、パリで毎年行われている”echical fashion show”に行ってきました。


エシカルファッション

  1. 素材の選定(オーガニックコットン、リサイクルコットン)
  2. 素材の購入(発展途上国からの買い付け)
  3. 商品の製造(化学染料を使用せず、天然染料を使用して繊維を染色する等)
  4. 商品の流通(フェアトレード)

このような過程で商品となっているファッション


echical fashion show

http://www.ethicalfashionshow.com/efs1/