Madame Grès<マダム・グレ>

Posted: 2011/06/24 | Category: Exhibition | No Comments »

Madame Grès<マダム・グレ>
1903年、後にマダム・グレと呼ばれるジェルメーヌは、パリ ブルジョワ階級に生まれた。
彫刻家を志した彼女だが
両親の反対であきらめる事に、しかし「布の彫刻家」として名を知られる事になる。

マダム・グレの作品が、彫刻の美術館・Musée Bourdellle(ガリエラ美術館)で
「Madame Grès – La Couture à l’Œuvre」展として開催されている。

これには大変な意味があります。
服100点、写真50枚、デッサン100枚ととてつもない量の資料に圧巻で見るのが大変です。

トワルやドキュメンタリーの映像があり、どのように製作しているのかが観れます。
見に来れる方は、ぜひご覧ください。
美しさに感動します。

フランス人のセンスがいいのは、洋服を裏返しにした写真がメインで飾ってあること。

モノの裏側がこのようになっているから表がこうなる。

「裏側の美しさを魅せる」

これは ガリエラ美術館だからの視点。
なぜならば、この美術館の彫刻は試作の顔の表情だけの彫刻や大きい彫刻を作る前の
小さな 仮の彫刻も一緒に飾ってあります。
1つの彫刻が出来るまでの作家や作品の構想過程が見れるので小さいレプリカみたいな彫刻がたくさんある。

「過程」…そこが面白い
やっぱりここフランスは違うね。


Musée Bourdellle
16/18 rue Antoine Bourdelle 75015 Paris
開館日:火曜から日曜 10時から18時
閉館日:月曜、祝日
入館料:7ユーロ


“Shoes to eat”

Posted: 2011/06/16 | Category: 気になったモノ | No Comments »

ちょっと前だけど、ベルギーの靴のセレクトショップ(Coccodrilloのブログを見ていたら

懐かしい!!

今でも新鮮で斬新なTokio Kumagai “Shoes to Eat” seriesが…

時代を超えたモノ造り。

この頃の日本人はとてもキレているよね。

ただ、かっこいい。

Coccodrillo
Website: http://www.coccodrillo.be


NOTES FROM THE UNDERWORLD

Posted: 2011/06/16 | Category: performance | No Comments »

”NOTES FROM THE UNDERWORLD”

コスチュームが完成したのでフィッティングを兼ねてリハーサルを見に行きました。

”NOTES FROM THE UNDERWORLD”の原盤になった物語

ペルセポネーは、ニューサ(山地であるが、どこであるのか諸説ある)の野原で妖精達と供に花を摘んでいた。するとそこにひときわ美しい花が咲いていたのである。ペルセポネーがその花を摘もうとニンフたちから離れた瞬間、急に大地が裂け、黒い馬に乗ったハーデースが現れ彼女は冥府に連れ去られてしまう。
オリュンポスでは、ペルセポネーが行方知れずになったことを不審に思った母デーメーテールが、太陽神ヘーリオスから、ゼウスとハーデースがペルセポネーを冥府へと連れ去ったことを知る。女神はゼウスの元へ抗議に行くが、ゼウスは取り合わず、「冥府の王であるハーデースであれば夫として不釣合いではない」と発言した。これを聞き、娘の略奪をゼウスらが認めていることにデーメーテールが激怒し、オリュンポスを去り大地に実りをもたらすのをやめ、地上に姿を隠す。 一方、冥府に連れ去られたペルセポネーは丁重に扱われるも、自分から進んで暗い冥府に来た訳ではない為、ハーデースのアプローチに対しても首を縦に振る事は無かった。


その後ゼウスがヘルメースを遣わし、ハーデースにペルセポネーを解放するように伝え、ハーデースもこれに応じる形でペルセポネーを解放した。その際、ハーデースがザクロの実を差し出す。それまで拒み続けていたペルセポネーであったが、ハーデースから丁重に扱われていた事と、何より空腹に耐えかねて、そのザクロの実の中にあった12粒のうちの4粒(または6粒)を食べてしまった。

そして母であるデーメーテールの元に帰還したペルセポネーであったが、冥府のザクロを食べてしまった事を母に告げる。冥界の食べ物を食べた者は、冥界に属するという神々の取り決めがあった為、ペルセポネーは冥界に属さなければならない。デーメーテールはザクロは無理やり食べさせられたと主張してペルセポネーが再び冥府で暮らすことに反対するも、デーメーテールは神々の取り決めを覆す事は出来なかった。そして、食べてしまったザクロの数だけ冥府で暮らす事になり、一年のうちの1/3(または1/2)を冥府で過ごす事となり、彼女は冥府の王妃ペルセポネーとしてハーデースの元に嫁いで行ったのである。そしてデーメーテールは、娘が冥界に居る時期だけは、地上に実りをもたらすのを止めるようになった。これが冬(もしくは夏)という季節の始まりだという。

また、ペルセポネーが地上に戻る時期は、母である豊穣の女神デーメーテールの喜びが地上に満ち溢れるとされる。これが春という季節である。


以上が原盤の神話である。




Namiko GAHIERさんの

ペルセポネーの内面を表現する舞踏は、妖艶で力強い不思議な空間を造り出す。

バックに映し出されるAnimated paintingsがまた狂気です。(下記参照)

Gala MARTINOIAさんのAnimated paintingsがまたカオスの世界へ

http://galamartinoia.free.fr/index.html

この動画は今回のではありませんが、Gala MARTINOIAさんのAnimated paintingsは次の機会にじっくり紹介します。



Costumes design  *衣装製作*

Posted: 2011/06/08 | Category: HALLELUJAH, performance | No Comments »

コンテンポラリー演出家/ダンサー
Namiko GAHIER- OGAWAさんが
CROATIA(クロアチア)に招かれ
”NOTES FROM THE UNDERWORLD”を公演。

HALLELUJAH 衣装(Costumes)製作。

Namiko GAHIER- OGAWA
http://www.lepetitfestival.com/2011-Namiko_Gahier-Ogawa.htm



Sunday- Nedelja 26. June / 21.oo at Lazareti

NOTES FROM THE UNDERWORLD
http://www.lepetitfestival.com/download/Program%20-%20Le%20Petit%20Festival%202011.pdf

Based on the myth of Persephone in the Underworld, Yumé Arts Company presents a contemporary dance-theatre piece with extracts of Heart of darkness, by Conrad and poetry of Garcia Lorca. We follow the journey of a modern Persephone who chooses to explore what lies beneath and beyond her own boundaries. In the heart of unknown territories, through agitated and sinuous waters, she finds Pluto, in her quest for transcendence. A revisited myth through poetic and visceral dance, blended with piano pieces from “The Well-Tempered Pianist” composed by Gary Goldschneider.

- Concept / Directing / Choreography / Dance : Namiko GAHIER- OGAWA

– Piano Composition : Gary GOLDSCHNEIDER
· Concept / Directing / Scenography : Jasmine SOORI-ARACHI
· Sound design : Julie ROUSSE
· Videos : Lauren MOFFAT
· Animated paintings : Gala MARTINOIA
- Masks and accessories : Flore CHARBOUILLOT
· Costumes design : HALLELUJAH –


SITE
http://www.lepetitfestival.com/
http://www.lepetitfestival.com/2011-Namiko_Gahier-Ogawa.htm
<http://www.lepetitfestival.com/> http://www.lepetitfestival.com/lepetitfestival-2011.htm

PROGRAMME
<
http://www.lepetitfestival.com/> : http://www.lepetitfestival.com/download/Program%20-%20Le%20Petit%20Festival%202011.pdf



CROATIA(クロアチア)

Posted: 2011/06/07 | Category: HALLELUJAH, performance | No Comments »

CROATIA(クロアチア)

コンテンポラリー演出家/ダンサーNamiko GAHIER- OGAWAさんの
”NOTES FROM THE UNDERWORLD”が公演される
”Le Petit Festival du Théâtre 2011”
クロアチアで開催されています。

クロアチアは一度は訪れたい街です。
アドリア海の街は自然な美しい女性が多いそうです。

Le Petit Festival du Théâtre 2011

European ‘Women’s Rights’ Today – Women’s rights are entitlements and freedoms claimed for women and girls of all ages in many societies.


新食感③

Posted: 2011/06/06 | Category: 新食感 | No Comments »

毎日のようにスイーツを食べるけど種類が多すぎて食べきれない。

それと季節によっても全然品揃えが変わっている。

日本でもこんなに種類があったのかなぁ…


メニュー

Posted: 2011/06/05 | Category: Parisでの出来事, 新食感 | No Comments »

蚤の市に行くときによく友達と行くお店があります。

ボリュームがあり、なかなかおいしい

今日の蚤の市



いつもの道

Posted: 2011/06/04 | Category: BLOG | No Comments »

いつも仕事で仕入れに行くときにとおる道。

町並みの中にいきなり巨大な建物。

何度見ても不思議な感じがする。


THE 5, 6, 7, 8′S

Posted: 2011/06/03 | Category: BLOG, performance | No Comments »

Dimanche 29 mai a 17h00

THE 5, 6, 7, 8′S

学生時代の友達がフランスツアーに来ました。

彼女たちはKill Bill Vol.1”に出演していたので知っている方も多いと思いますが

彼女たちの曲“Woo Hoo”もよくコマーシャルとかで聞きますよね。

フランスでもCMでかかっています。

パリでは初めてライブハウスに行ったけど結構お客さんはノリノリですが、

少し物足りなかったかな…(お客さんのノリ)

Tomariというrétroなバンドもセンスよくて

フランス人は固まってました。

THE 5, 6, 7, 8′S

Tomari







Bretagneのお土産

Posted: 2011/06/03 | Category: ドライブ/旅の記録 | No Comments »

Bretagneのお土産

バターがたっぷり

バターが本当に美味しい