Château de Chantilly

Posted: 2012/08/17 | Category: BLOG, ドライブ/旅の記録 | No Comments »


August 17, 2012

Château de Chantilly - シャンティイ城 -

ルネサンス時代の建造物


Words

パリから北約40キロとこんな近くに、大きな森に囲まれたのどかな町が現れる。

シャンティイは イル・ド・フランス地域ではなくピカルディ地方。パリから
車で約45分。シャトー・ドゥ・シャンティに到着。まず目に入るのはお城に
隣接する競馬場。フランス競馬のジョッケクルブ賞を開催する競馬場の第3、
第4コーナーにシャトー・ドゥ・シャンティが建っている。この城にはフラン
ス式庭園があり、のちにヴェルサイユの庭園も手がけたル・ノートルの設計。

友人たちと合流し、みんなでバーベキューをして楽しい時間を過ごしました。
翌朝、森を散策。

久しぶりに森の中を歩くと 自然のパワーに圧倒されてかものすごく疲れた…


ベルギーとオランダ、日帰り出張 ②

Posted: 2012/08/09 | Category: BLOG, HALLELUJAH, ドライブ/旅の記録 | No Comments »

August 4, 2012
ベルギーとオランダへ、日帰り出張 ②

ベルギー アントワープとオランダ・アムステルダム


Words

オランダ・アムステルダムに来るのは4度目。
世界中いろいろなところを旅してきましたが、私の中に印象に強く残る美しい街の
ひとつです。写真ではなかなか写すことが出来ない、街の独特な匂いがあります。

オランダNederland (ネーデルラント)はベルギー・アントワープから約150
キロ 。1時間ちょっとでアムステルダムへ。
来るたびに思います。とにかく自転車が多い!!  慣れるまで何度も車でひきそう。
アンティークショップに寄り、すでに夕方の8時。そろそろ暗くなってくるかな。

パリまで一気に 帰ります。約5時間。
パリの家に着いた時には夜中の1時を回ってました。


ベルギーとオランダ 日帰り出張 ①

Posted: 2012/08/05 | Category: HALLELUJAH, お知らせ, ドライブ/旅の記録, ハプニング | No Comments »


August 4, 2012

ベルギーとオランダ、日帰り出張 ①

ベルギー アントワープとオランダ・アムステルダム

Imagess
— SOURCE: HALLELUJAH
— SOURCE: ROsier 41

Words

パリからベルギー〜オランダへ、そしてパリに、日帰りで出張。
朝8時出発。
もうヴァカンスシーズンの為、車はそんなに混んではいない。
でもキャンピングカーだらけ。

「HALLELUJAH」秋冬の新作お披露目の為に、まずベルギーのアントワープまで
車で約3時間の道のり。

shop「ROsier 41」に到着。オーナーのヴィヴィアンとスタッフの方々が迎えてく
れました。帰り際、
ピエールマルコリーニのチョコレートケーキを頂きました。
ありがとう。すごくかわいい!!
ウィンドウディスプレーを終わらせて、オランダへ向かいます。

ベルギーチョコレートの奇才、ピエールマルコリーニ の食感は先日のブログにて…

世界中のどこよりも早く「HALLELUJA」の秋冬newコレクションを8月6日から
期間限定の約一ヶ月間、
ベルギー アントワープの「ROsier 41」にて、と販売を
行います。
お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りください

ROsier 41 www.rosier41.be
rosier 41   2000 Antwerpen.

ROsier 41
www.rosier41.be


In Antwerpen in Belgium

Posted: 2012/07/31 | Category: Exhibition, HALLELUJAH, ドライブ/旅の記録 | No Comments »

July 31, 2012
In Antwerpen in Belgium

「ROsier 41」ベルギー アントワープ

Imagess
— SOURCE: HALLELUJAH
— SOURCE: ROsier 41

Words

「HALLELUJAH」の秋冬の新作お披露目とウインドウディスプレーの為に
ベルギー、アントワープのSHOP
「ROsier 41」に行ってきました。


8月6日から期間限定の約一ヶ月間。
ベルギー アントワープの「ROsier 41」にて、秋冬新作の展示と販売を行います。

お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りください

ROsier 41 www.rosier41.be
rosier 41   2000 Antwerpen.



「LIBECO」アウトレットストア

Posted: 2012/06/11 | Category: HALLELUJAH, ドライブ/旅の記録, 素材のお話 | No Comments »


June 9, 2012

「LIBECO」アウトレット店

最高のリネンを求めて



Note,

ベルギーにある「LIBECO」の工場に行く途中、いくつかの小さな町を通り過ぎ
ると牧草地の真ん中にLIBECOのアウトレットを
見つけました。時間が少しあっ
たので、先にアウトレットによってみます。

広い店内に全てがベルギーリネン。生地も日本の3分の1ほどで、端切れやリベ
コホームの キッチンクロスなどは山積みになって量り売りで6€/kg。
すごい商品の量と生地の種類に驚いた。







パリ〜スペイン  弾丸ドライブ ⑦

Posted: 2012/05/24 | Category: ドライブ/旅の記録 | No Comments »


Mai 24, 2012

パリ〜スペイン  弾丸ドライブ ⑦

—バスクでランチ


Note,

スリルを味わったところで小さな町の古いレストランで食事に。はじめて食べる
バスク料理のボリュームにびっくり。
隣にいた中学生くらいの女の子は、ぺろっ
と山盛りパスタと原始人が食べてる様な骨付き肉・子羊の煮込み
を平らげる。

絶対食べきれないと思いながらも食べ始めると、美味しくて美味しくて結構食べ
しまい、結局みんな完
食。美味しい….デザートまでガッツリ。

豪快で料理がおいしいこの土地は、オペラや映画に出てくる様な想像通りの
バスク!!









パリ〜スペイン  弾丸ドライブ ⑥

Posted: 2012/05/23 | Category: BLOG, ドライブ/旅の記録 | No Comments »


Mai 23, 2012

パリ〜スペイン  弾丸ドライブ ⑥

—バスク国、バスク国自治州


Note,

バルセロナから西に横断する途中でリェイダ(Lieda)に1泊。ピレネー山脈を西
に横切ってバスク国自治州へ。ムリージョ・デ・ガジェゴ (Murillo de Gállego)
の渓谷を横目に、牛追い祭りとヘミングウェイの小説『日はまた昇る』
舞台で
有名なパンプローナ(Pamplona)を目指す。

それにしてもスペインの自然が造り出す大地は、神の存在を感じさせます。



驚きのバスク料理へ





蚤の市めぐり  ダンケルク(Dunkerque) & Crevecoeur-le-Grand

Posted: 2012/05/20 | Category: ドライブ/旅の記録 | No Comments »

Mai 18, 2012

蚤の市めぐり

—ダンケルク(Dunkerque) & Crevecoeur-le-Grand



Words

フランスの北の街 ダンケルク(Dunkerque)で毎年行われる蚤の市に行って
きました。ここは、ベルギー国境から10キロの港町で、フランスやイギリス、オランダ
ベルギーから1000店の市がたつということで期待して、朝5時出発。パリから2時
間半程で到着。8時前だとういのに、人がごった返してはいたものの、日用品などのリ
サイクルが多くて、ちょっとがっかり。気を取り直して、パリ方面に南下し、パリから
約 100キロぐらい北にある小さな村、Crevecoeur-le-Grandに向
かいました。ここは村全体が蚤の市の会場になっていて、1500店が出ていました。
みんな家の前に、物を広げて家の中にも入ってみることが出来ます。フランスの民家の
倉庫
には、おばあちゃんか、ひいおばあちゃんの代から空き瓶やら空き缶、人形や照明
器具、家具などが
大切に保管されていて、100年前ぐらいの服やら食器などがどんど
ん出てくる。
しかもパリの蚤の市の10分の1くらいの値段。ありすぎて博物館の様。見
てるだけで、いっぱいにな
ってしまいます。

フランスは古い物を大切に保管していて新たな価値を生み出す、とてもすてきな国です。


Crevecoeur-le-Grand

本日、一番のヒットは「プジョー305」。値段は300ユーロ。






パリ〜スペイン  弾丸ドライブ ④

Posted: 2012/05/16 | Category: ドライブ/旅の記録 | No Comments »


Mai 16, 2012

パリ〜スペイン  弾丸ドライブ ④

聖家族教会 サグラダ・ファミリア(Temple Expiatori de la Sagrada Família)



Note,

校を卒業し企画に携わる様になり、来る日も来る日もデザインに明け暮れていた
21歳の頃、ふと疑問に思ったことがあり新潟からシベリアに渡って世界一周の旅
に出まし
た。旅の目的は、世界中の「衣」「美」「住」を見て体験すること。今か
ら二十年前に
計画実行。それから約2年間世界中を放浪。その当時どうしても行く
勇気が出ない国が
2つありました。一つはインド。この国は、怖くて未だに行けて
いません。そしてもう
一つが、今回目指したスペイン。まだ訪れていない国は、た
くさんあるが、スペインは
別格。特にサグラダ・ファミリアは実物を見なければと
いう思いが強い場所。理由は、
今も建設中であり、いつ完成なのかも見当がつかず、
すでに修復が始まっているという
存在。「在るもの」自分が追い求める答えがそこ
にあるかも…

裏に車を止めて、サグラダ・ファミリア教会へ。
最初の印象は、何かイメージと違う。

そう、私たちが見慣れているサグラダ・ファミリアはガウディ広場側から見た教会。
サグ
ラダ・ファミリア広場側は比較的新しいのか、ポップな感じに見えたのだ。地
下に工房が
あり、設計図等が展示してあったが自分には容量オーバー。答えを見つ
けたいと思ったの
に逆に疑問が多すぎて、まだ、まだまだ、勉強が足りない。サグ
ラダ・ファミリアは永遠
に完成はしないのでしょう。たぶん…



そのあと車で数分のグエル公園に。ガウディが理想とした「人々が自然と芸術に囲
まれて暮らせる分譲住宅」。進みすぎた発想と自然の中で暮らす価値観が、まだ当
時理解されずに、60軒が計画されていたが買い手がつかず、結局売れたのは2軒で、
買い手はガウディ本人とグエイ伯爵だけだったという話。それが今は世界遺産。



ガウディの創造の源、カタルーニャの信仰の聖地、モンセラットに向かった。





パリ〜スペイン 弾丸ドライブ ③

Posted: 2012/05/11 | Category: ドライブ/旅の記録 | No Comments »

Mai 11, 2012

パリ〜スペイン  弾丸ドライブ ③

海辺の街、サン・ポル・デ・マール(Sant Pol de Mar)



Note,

バルセロナからわずか数キロの海辺の街、サン・ポル・デ・マール(Sant Pol de
Mar)に今夜は宿泊。地中海が目の前のオーシャンビューで、ペットもokです。
バルセロナからか数キロで、すごいリゾート地でびっくりです。ピレネー山脈を
越えスペインに入国した時は、少し雰囲気が変わって(危険な感じに)正直、び
っくりしたのですが….気を引き締めて。昼間になると真夏の様な日差しですが、
朝はまだ涼しい。
本格的な旅行シーズンは5月に入ってからなので人はまばら。
朝食は、たくさんの種類の生ハムやサラミ。そしてフルーツが丸ごと山積み。朝
から食べ過ぎてしまった。ホテルを出てバルセロナへ….だんだん都会になってい
く。フランスの建築家ジャン・ヌーヴェルのトーレ・アグバール(Torre Agbar)など、
近代的なビル
が立ち並ぶ中に、あっ….あれは!!











いよいよサグラダ・ファミリア教会