紅の豚の舞台になった街「ドブロブニク」で公演

Posted: 2013/05/07 | Category: BLOG, HALLELUJAH, performance | No Comments »


May  7, 2013
紅の豚の舞台になった街「ドブロブニク」で舞台公演
Le Petit Festival 2013 / Notes from the Underworld

Le Petit Festival 2013 The  Beauty of Women” http://www.lepetitfestival.com/

Words

今年も、HALLELUJAH(ハレルヤ)がコスチュームデザインを担当した
Notes from the Underworld の舞台公演があります。2013年6月26日に、
紅の豚の舞台になったアドリア海の真珠と呼ばれる街 ドブロブニクで開
催される「 Le Petit Festival 2013での公演です。

お近くに旅行でいらっしゃる予定のある方はぜひお越し下さい。


Namiko Gahier-Ogawa  www.namikogahier.com
Gary Goldschneider                www.goldschneider.com







Human Steps

Posted: 2012/06/12 | Category: performance, 気になったモノ | No Comments »

Jun 4, 2012

Amelia

From 2003, “Amelia” is choreographer Edouard Lock’s amazing film with Lalala Human Steps, the Canadian dance company.




Note,

Music by David Lang, words by Lou Reed.





In World Premiere,”Notes from the Underworld”

Posted: 2012/02/14 | Category: HALLELUJAH, performance, お知らせ | No Comments »

February 14, 2012
Notes from the Underworld

In World Premiere, Namiko Gahier-Ogawa, French-Japanese dancer-choreographer, and renowned concert pianist-composer Gary Goldschneider present an unusual performance piece, Notes from the Underworld.



Words
「Notes from the Underworld」のアムステルダム公演のお知らせです。
昨年、衣装を担当しましたコンテンポラリーダンスがアムステルダムで公演されます。
世界的ピアニストGary Goldschneider 氏との公演です。

日程は、3月7・8日 開演 20.15
私たち、HALLELUJAHのスタッフもパリから車で応援に行く予定です。
アムステルダムなので少し遠いのですが、お近くにお寄りの方、お住まいの方は、
ぜひ、足をお運びください。 お待ちしております。


Announcing performances in AMSTERDAM, March 7 and 8 at 20.15

Bethaniënklooster
Barndesteeg 6
Amsterdam
(near the Nieuwmarkt)
www.bethanienklooster.nl


コンテンポラリー

Posted: 2011/11/29 | Category: HALLELUJAH, performance | No Comments »

Le Petit Festival 2011のコマーシャル映像(抜粋)です。
先日、衣装を製作したNotes from the underworld」の映像です

NOTES FROM THE UNDERWORLD

Based on the myth of Persephone in the Underworld, Yumé Arts Company presents a contemporary dance-theatre piece with extracts of Heart of darkness, by Conrad and poetry of Garcia Lorca. We follow the journey of a modern Persephone who chooses to explore what lies beneath and beyond her own boundaries. In the heart of unknown territories, through agitated and sinuous waters, she finds Pluto, in her quest for transcendence. A revisited myth through poetic and visceral dance, blended with piano pieces from “The Well-Tempered Pianist” composed by Gary Goldschneider.

- Concept / Directing / Choreography / Dance : Namiko GAHIER- OGAWA

- Piano Composition : Gary GOLDSCHNEIDER

· Concept / Directing / Scenography : Jasmine SOORI-ARACHI

· Sound design : Julie ROUSSE

· Videos : Lauren MOFFAT

· Animated paintings : Gala MARTINOIA

- Masks and accessories : Flore CHARBOUILLOT

· Costumes design : HALLELUJAH


Danse Butô

Posted: 2011/09/14 | Category: performance | No Comments »

une “Fleur dans le Chaos”,

Liam morissey Viloncelle
Romain Renard Violon
Fred Marty Contrebasse
Yuko hirota Koto
Alexandre Bellenger Synthétiseur Analogique
Maki Watanabe Danse Butô

le 11 à 18h00, au 59 rue de Rivoli , Châtelet
Avec Maki Watanabe et Satryo Aryobimo Yudomartono (Alto)



NOTES FROM THE UNDERWORLD

Posted: 2011/06/16 | Category: performance | No Comments »

”NOTES FROM THE UNDERWORLD”

コスチュームが完成したのでフィッティングを兼ねてリハーサルを見に行きました。

”NOTES FROM THE UNDERWORLD”の原盤になった物語

ペルセポネーは、ニューサ(山地であるが、どこであるのか諸説ある)の野原で妖精達と供に花を摘んでいた。するとそこにひときわ美しい花が咲いていたのである。ペルセポネーがその花を摘もうとニンフたちから離れた瞬間、急に大地が裂け、黒い馬に乗ったハーデースが現れ彼女は冥府に連れ去られてしまう。
オリュンポスでは、ペルセポネーが行方知れずになったことを不審に思った母デーメーテールが、太陽神ヘーリオスから、ゼウスとハーデースがペルセポネーを冥府へと連れ去ったことを知る。女神はゼウスの元へ抗議に行くが、ゼウスは取り合わず、「冥府の王であるハーデースであれば夫として不釣合いではない」と発言した。これを聞き、娘の略奪をゼウスらが認めていることにデーメーテールが激怒し、オリュンポスを去り大地に実りをもたらすのをやめ、地上に姿を隠す。 一方、冥府に連れ去られたペルセポネーは丁重に扱われるも、自分から進んで暗い冥府に来た訳ではない為、ハーデースのアプローチに対しても首を縦に振る事は無かった。


その後ゼウスがヘルメースを遣わし、ハーデースにペルセポネーを解放するように伝え、ハーデースもこれに応じる形でペルセポネーを解放した。その際、ハーデースがザクロの実を差し出す。それまで拒み続けていたペルセポネーであったが、ハーデースから丁重に扱われていた事と、何より空腹に耐えかねて、そのザクロの実の中にあった12粒のうちの4粒(または6粒)を食べてしまった。

そして母であるデーメーテールの元に帰還したペルセポネーであったが、冥府のザクロを食べてしまった事を母に告げる。冥界の食べ物を食べた者は、冥界に属するという神々の取り決めがあった為、ペルセポネーは冥界に属さなければならない。デーメーテールはザクロは無理やり食べさせられたと主張してペルセポネーが再び冥府で暮らすことに反対するも、デーメーテールは神々の取り決めを覆す事は出来なかった。そして、食べてしまったザクロの数だけ冥府で暮らす事になり、一年のうちの1/3(または1/2)を冥府で過ごす事となり、彼女は冥府の王妃ペルセポネーとしてハーデースの元に嫁いで行ったのである。そしてデーメーテールは、娘が冥界に居る時期だけは、地上に実りをもたらすのを止めるようになった。これが冬(もしくは夏)という季節の始まりだという。

また、ペルセポネーが地上に戻る時期は、母である豊穣の女神デーメーテールの喜びが地上に満ち溢れるとされる。これが春という季節である。


以上が原盤の神話である。




Namiko GAHIERさんの

ペルセポネーの内面を表現する舞踏は、妖艶で力強い不思議な空間を造り出す。

バックに映し出されるAnimated paintingsがまた狂気です。(下記参照)

Gala MARTINOIAさんのAnimated paintingsがまたカオスの世界へ

http://galamartinoia.free.fr/index.html

この動画は今回のではありませんが、Gala MARTINOIAさんのAnimated paintingsは次の機会にじっくり紹介します。



Costumes design  *衣装製作*

Posted: 2011/06/08 | Category: HALLELUJAH, performance | No Comments »

コンテンポラリー演出家/ダンサー
Namiko GAHIER- OGAWAさんが
CROATIA(クロアチア)に招かれ
”NOTES FROM THE UNDERWORLD”を公演。

HALLELUJAH 衣装(Costumes)製作。

Namiko GAHIER- OGAWA
http://www.lepetitfestival.com/2011-Namiko_Gahier-Ogawa.htm



Sunday- Nedelja 26. June / 21.oo at Lazareti

NOTES FROM THE UNDERWORLD
http://www.lepetitfestival.com/download/Program%20-%20Le%20Petit%20Festival%202011.pdf

Based on the myth of Persephone in the Underworld, Yumé Arts Company presents a contemporary dance-theatre piece with extracts of Heart of darkness, by Conrad and poetry of Garcia Lorca. We follow the journey of a modern Persephone who chooses to explore what lies beneath and beyond her own boundaries. In the heart of unknown territories, through agitated and sinuous waters, she finds Pluto, in her quest for transcendence. A revisited myth through poetic and visceral dance, blended with piano pieces from “The Well-Tempered Pianist” composed by Gary Goldschneider.

- Concept / Directing / Choreography / Dance : Namiko GAHIER- OGAWA

– Piano Composition : Gary GOLDSCHNEIDER
· Concept / Directing / Scenography : Jasmine SOORI-ARACHI
· Sound design : Julie ROUSSE
· Videos : Lauren MOFFAT
· Animated paintings : Gala MARTINOIA
- Masks and accessories : Flore CHARBOUILLOT
· Costumes design : HALLELUJAH –


SITE
http://www.lepetitfestival.com/
http://www.lepetitfestival.com/2011-Namiko_Gahier-Ogawa.htm
<http://www.lepetitfestival.com/> http://www.lepetitfestival.com/lepetitfestival-2011.htm

PROGRAMME
<
http://www.lepetitfestival.com/> : http://www.lepetitfestival.com/download/Program%20-%20Le%20Petit%20Festival%202011.pdf



CROATIA(クロアチア)

Posted: 2011/06/07 | Category: HALLELUJAH, performance | No Comments »

CROATIA(クロアチア)

コンテンポラリー演出家/ダンサーNamiko GAHIER- OGAWAさんの
”NOTES FROM THE UNDERWORLD”が公演される
”Le Petit Festival du Théâtre 2011”
クロアチアで開催されています。

クロアチアは一度は訪れたい街です。
アドリア海の街は自然な美しい女性が多いそうです。

Le Petit Festival du Théâtre 2011

European ‘Women’s Rights’ Today – Women’s rights are entitlements and freedoms claimed for women and girls of all ages in many societies.


THE 5, 6, 7, 8′S

Posted: 2011/06/03 | Category: BLOG, performance | No Comments »

Dimanche 29 mai a 17h00

THE 5, 6, 7, 8′S

学生時代の友達がフランスツアーに来ました。

彼女たちはKill Bill Vol.1”に出演していたので知っている方も多いと思いますが

彼女たちの曲“Woo Hoo”もよくコマーシャルとかで聞きますよね。

フランスでもCMでかかっています。

パリでは初めてライブハウスに行ったけど結構お客さんはノリノリですが、

少し物足りなかったかな…(お客さんのノリ)

Tomariというrétroなバンドもセンスよくて

フランス人は固まってました。

THE 5, 6, 7, 8′S

Tomari







Butô Carrosse

Posted: 2011/02/21 | Category: performance | No Comments »

performance d’improvisation de Butô et Musique
“Butô Carrosse”,
le 19 fév au squat le Carrosse, dans le cadre du
Festival Paris 2011 des Arts au Carrosse.

marc michiels氏の展示会で出会った少女

Kurokawa Azusa 氏(舞踏家/映像クリエーター)の参加する

パフォーマンスが19 fév に le Carrosse”で行われた。


le Carrosseギャラリー

ギャラリーと併設する大きな暖炉を囲むステージ

手書きのチケット

興味のある方は、今度動画をUPします。

ちゃんと撮れていないけど雰囲気はわかるかな…